リスク管理の大切さ

 

多くの場合、投資取引とは利益を求めるために行われます。しかしながら、すべての予測を的中させて、一度も損失を出さずに利益を出し続けることは、絶対に不可能です。
少し酷だとは思いますが、まず「投資は必ず損をする」という気考えを持ちましょう。
このことが抜けてしまい、利益追求に走った投資は必ず失敗し、やがては取り返しのつかない大きな損失を招いてしまうでしょう。
損失を被るということを、よく理解し、その損失を最小限に食い止め、いかに管理していくか、ということが利益を生むための第一歩となります。
例えば同じ損失だとしても、大きな損失を呼び込む前に危険察知し、自らが決定した額で損失を背負って決済をすることと、目先の利益の大きさにつられ、その裏に隠れた損失を見抜けずに損失を被って決済をせざるを得ないことでは、次につながっていく取り引きへの心構えとモチベーションが大きく変わってしまいます。
まずは、先の考えをしっかりと頭に残して、冷静な判断と集中を失わない心構えをつけていくべきです。

FXでは二つの通貨の値動きを対象にして、売買を繰り返していく投資取引になりますが、リスク管理への心構えが出来ていない初心者ほど、ロスカット、つまり損切り注文をためらう傾向にあります。
投資した自分の通貨が、為替レート上でグンと値を伸ばすと、その印象が頭に残ってしまい、その上がった値を超えないと利益を確定できなくなる心理が働きます。一度こうなってしまうと、いくらレートが下がってしまおうと、いつかきっとあそこまで値を戻すはずだ、という考えが頭にしみこんでしまい、損失が少ない状態で着地させることが出来なくなってしまうのです。
こうなると、もう大きな損失を背負いこむまでは止まれませんし、そうした強い印象で損失を背負ってしまうと、今度は、この損失を何とかしなくてはならない、という心の動きが生まれ、利益に走り、より大きな損失を被ってしまうのです。
特にFXでは、レバレッジと呼ばれる信用取引により、得られる利益も大きくなる半面、受ける損失も大きくなるという特徴があります。
大きな勝負に出るときは、このレバレッジを使う必要があるでしょうが、そういうときこそ、冷静に損切り注文を行って、リスクをしっかりと管理するように心がけをし、自分のなかで、いくらまでのマイナスが出たら、プラスが出たら必ず投資取引をやめる、などのルール決めをして厳守していくのが良いでしょう。